2010年06月02日

久々毒舌!真紀子氏も鳩山政権メッタ斬り(スポーツ報知)

 民主党の田中真紀子元外相(66)が31日、久々の毒舌で鳩山政権を斬った。社民党の連立離脱については「確かな理念もないまま連立したこと自体がダメ」とバッサリ。普天間基地移設問題の「5月末決着」について「公約ではない」と苦しい言い訳をした首相に対し「あんなのナンセンスです」。批判は内閣全体に及び「鳩山総理の資質の問題、確かにあると思います。ほかの閣僚はバックアップしていないし、勘違いしている」と話した。支持率続落については「こんな状態でいけばもっと下がるかもしれない」と予想していた。

 【関連記事】
社民党が内閣不信任案、賛成で一致
鳩山首相が続投決意表明「信念持ち乗り切る」
鳩山内閣、普天間問題で支持率19・1%まで落ち込み 「危険水域」へ
「首相辞任を」過半数、内閣支持率20%切る…共同通信社世論調査

首相動静(5月27日)(時事通信)
鳩山首相、福島消費者・少子化担当相の罷免決める(産経新聞)
財政中期フレーム、会期中に=野田財務副大臣(時事通信)
強姦罪の被告、三度目の時効2日前に起訴(産経新聞)
伊勢湾岸道で多重事故、車炎上…一部通行止(読売新聞)
posted by タカミ ヒロミ at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。