2010年01月29日

市町村への権限移譲、各省に照会=359事務対象−地域主権室(時事通信)

 内閣府地域主権戦略室は26日、都道府県から市町村への事務権限移譲を求めた政府の地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)の第1次勧告を受け、勧告に盛り込まれた359事務の移譲の是非について3月19日までに回答するよう管轄する各府省に求めた。
 改革内容は、政府が今夏策定する「地域主権戦略大綱」に改革内容を盛り込む。
 08年5月の分権委第1次勧告では、64法律359事務の権限を、都道府県や大都市から市町村に移すよう提言。これにより、地域の実情を踏まえた行政サービスの向上などが期待される。主な事例は、▽身体障害者手帳の交付▽小中学校教諭の人事権▽開発行為の許可−など。 

【関連ニュース】
参院選、小沢氏が指揮=捜査は検察の政権つぶし
外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を
待機児解消は期待薄?=保育所面積の地方委任-7割が国上回る基準・23区、政令市
与党の予算重点要望要旨
「義務付け」見直し閣議決定=通常国会に地域主権一括法案

<日本原子力学会>原発トラブルに専門家の解説チーム発足へ(毎日新聞)
福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)
市長選に関係なく現行案反対=社民幹事長(時事通信)
アート・ディレクター、水谷孝次さんが「デザインが奇跡を起こす」を出版(産経新聞)
<総務省>58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分(毎日新聞)
posted by タカミ ヒロミ at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。