2010年01月28日

コンクリート塊落下、駅女子トイレ天井突き抜け(読売新聞)

 21日午後2時頃、和歌山市美園町のJR和歌山駅1番ホームの女子トイレの洗面台に、天井から重さ4・4キロのコンクリートの塊(長さ20センチ、幅10センチ、厚さ15センチ)が落ちているのを、利用者が見つけ、駅員に連絡した。

 けが人はなかった。

 JR西日本和歌山支社の発表によると、このトイレの真上にある2階の女子トイレで耐震補強工事が行われており、その振動で2階の床が壊れ、一部が1階の天井を突き抜けて落ちたとみられる。

 ビル管理会社は「お騒がせして申し訳ない。原因を詳しく調べ、再発防止に努めたい」としている。

足利再審で22日再生された録音の抜粋<1>(読売新聞)
チンパンジーは自分の名前を判別(産経新聞)
参院本会議 鳩山首相の主な答弁(産経新聞)
機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)
流氷の見ごろ 3月下旬まで 気象情報会社が予想(産経新聞)
posted by タカミ ヒロミ at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。